Skeletal Science Retreat 日本骨代謝学会主催による骨代謝スクール

2018年11月17日(土)~18日(日)参加申し込みは6月1日スタート! 詳細は当サイトにて告知します。

  1. ホーム
  2. 参加者/発表者へのご案内

参加者/発表者へのご案内

【発表に関して】

1. グループディスカッションセッションでの発表に関して

参加者4-5名、オーガナイザー1名の合計5-6名の少人数グループに分かれた各テーブルにてラップトップPCをモニターに接続して発表を行いますので、各自のPCを持参してください。また、PCにVGA端子(DVI-D(24ピン)/ HDMI / ミニDsub(15ピン))が直接接続できない場合はアダプターも持参してください。やむを得ない場合、USBでのデータ持参でも対応できます(動画などには対応できない場合もあります)。

発表時間は、ディスカッションを含めて60分です。分野の異なる研究者が多いため、研究背景や実験技術を含めて、できるだけ丁寧な説明ができるようスライド準備を心がけてください。多様なディスカッションができるような提案(欲しい情報、技術面や今後の研究展開へのアドバイスなど)についても準備していただくようお願いします。

2. テーマ別Q&Aセッションに関して

1日目の夜、講演の演者、運営委員、参加者が研究領域ごとに分かれ、懇親会形式で皆様の研究上の疑問について全員で話し合って考える”Q&Aセッション”を行います。ご自身の疑問を取り上げてほしい、という希望がありましたら、参加申込書の指定の欄に簡単に記載して下さい。

3. 参加者全員へ

SSRの参加者は分野や経験の異なる研究者が多いため、Primitiveな質問は、参加者全員の理解の整理につながりますので、どのセッションでもどんどんするようにしてください。

<グループディスカッションセッションに参加いただくにあたって>
発表の最中から、背景や技術面など不明な点などについて適宜質問やアドバイスを含めてディスカッションを心がけてください。特に少人数グループでのディスカッションですので、Primitiveな質問でもどんどんするようにしてください。各グループにはディスカッションリーダーを配置しますが、参加者各自から能動的かつ活発な議論を期待しています。

ディスカッション内容を評価対象に、参加者全員から最大7名の受賞者を選抜します。受賞対象者は発表者に限らずディスカッション参加者全員ですので、活発な発言、質疑応答をお願いいたします。

4. 発表言語について

SSRにおける基本的な使用言語は、スライド・ポスター、および発表言語を通じて日本語ですが、英語の発表も受け付けます。留学生の方で英語での発表を希望される場合は対応しますので、事務局までご相談ください。

【参加費・参加手続き】

参加費は10,000円(宿泊費・夕・朝食含む。交通費は自己負担)です。参加費のお支払い(当日会場)は現金のみの対応となります。クレジットカードでの受付は行っておりませんので、予めご了承ください。

セミナーに参加される方は日本骨代謝学会の会員に限ります。未入会の方は下記URLよりご入会のお手続きをお願いいたします。会場でも参加手続きを受け付けます。
http://jsbmr.umin.jp/admission/

【秘密保持および発表データの録画・撮影禁止のご案内】

セミナーにおいて可能な限り最新のデータを公表していただき、討論を活性化するという観点から、セミナーで発表された内容については外部に公表しないようにお願いいたします。また、口演、ポスターを問わず、発表データの録画や写真撮影を禁止いたします。何卒趣旨をご理解の上、ご協力頂きますようお願いいたします。

【宿泊のご案内】

会場の都合上、宿泊いただくお部屋は相部屋となりますのでご留意ください。特段の希望のある場合につきましては、事務局までご連絡ください。