日本骨代謝学会

The Japanese Society for Bone and Mineral Reserch

JP / EN
入会・変更手続
The Japanese Society for Bone and Mineral Reserch
The Japanese Society for Bone and Mineral Reserch
The Japanese Society for Bone and Mineral Reserch
The Japanese Society for Bone and Mineral Reserch

Event/イベント情報

Book/関連書籍のご案内

member/会員ページ

求人情報

≪A postdoc position is available in Dr. Baohong Zhao’s lab at Weill Cornell Medical School and the Hospital for Special Surgery in Manhattan New York.≫[New]


当研究室では、骨代謝と免疫システムを繋ぐ学際的な分野である骨免疫学について研究しています。炎症時の破骨細胞・骨芽細胞・脂肪細胞分化における遺伝子発現制御・シグナリング制御メカニズムまた関節炎における骨破壊などに着目して研究を行っています。骨代謝・細胞生物学・免疫学・代謝学および関連領域からの応募を歓迎いたします。クローニング・免疫沈降法・クロマチン免疫沈降法などの分子生物学的手法また組織学的手法や遺伝子改変マウスの取り扱いに習熟している方を期待しています。また、当研究室のプロジェクトにはRNAseqなどのゲノムワイドな解析が含まれるため、RNAseq やChIPseqなどの経験のある方または興味のある方を期待しています。論文審査のある学術専門誌の筆頭著者論文を有しており、論理的な思考、トラブル解決能力を持ち合わせていることが必須です。

給与は、NIH基準に従います。医療保険・歯科保険・生命保険はカバーされます。

応募資格:Ph.D or MD/PhD、またはPhD取得見込みの方(PhD取得予定者の応募も歓迎いたします。)

希望者は
• 履歴書(curriculum vitae)
• 過去の研究略歴と将来の研究の展望(興味)の要約(1-2 paragraphs)
• 筆頭著者論文の別刷(PDF)
• 問い合わせてお答えいただける推薦者3名の氏名・連絡先
• こちらに来て仕事を開始できる(予定)日
をPIのBaohong Zhao(baohongzhao1@gmail.com)もしくは私(inouek@HSS.EDU)までご連絡ください。

Baohong Zhao, DMD, PhD
Assistant Professor
Department of Medicine
Weill Medical College of Cornell University
Assistant Scientist
Genomic Center and Arthritis and Tissue Degeneration Program
Director, Laboratory of Pathological Bone Metabolism and Osteoimmunology
Hospital for Special Surgery, 535 E70th Street, New York, NY10021 USA
Phone: (212) 774-2772
Email: baohongzhao1@gmail.com


≪松本歯科大学 総合歯科医学研究所 硬組織機能解析学 助教募集≫


【研究内容】
硬組織解析学は、破骨細胞を中心に骨代謝制御機構の解明と炎症性骨疾患ならびに骨代謝疾患への応用を目指しています。特に、活性型ビタミンD3、骨吸収と骨形成の共役およびWntシグナルによる骨代謝制御機構の解明は、当研究室の重要なテーマです。我々と一緒に破骨細胞ならびに骨代謝研究に没頭できる仲間を募集します。

【仕事内容】
ノックアウトマウスを用いた細胞生物学、分子生物学、生化学、組織学的解析、
教育業務として生化学実習・講義等があります。

【応募資格】
博士号取得者、または平成30年3月までに博士号取得見込みの方

【着任時期】
平成30年4月1日以降を希望します。(任期3年、更新可)

【応募方法】
下記の書類一式を、小林(ykoba@po.mdu.ac.jp)または宇田川(udagawa@po.mdu.ac.jp)
宛にE-mailでお送り下さい。
(1)履歴書(写真添付)
(2)研究に向けた自己PR(A4用紙1枚)
(3)研究業績一覧(論文リスト)
(4)推薦書を頂ける方1名の連絡先(自己推薦でも可)

書類を送付いただいてから、3日以内に受領メールをお送りし、1カ月以内に採否をメールにてご連絡させていただきます。採用候補の方には、別に面接と研究プレゼンテーションをお願いいたします。その他、大学としての採用試験および面接があります(2月から3月中)。なお、原則として応募書類は返却いたしません。

【応募締め切り】
採用者を決定次第、募集を締め切ります。

【勤務地および問い合わせ先】
松本歯科大学 総合歯科医学研究所 硬組織機能解析学
〒399-0781 長野県塩尻市広丘郷原1780

硬組織機能解析学・教授 小林 泰浩、宇田川 信之
E-mail: ykoba@po.mdu.ac.jp、udagawa@po.mdu.ac.jp
TEL: 0263-51-2238


≪埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 病態生理部門 ポスドク募集≫


【研究内容】
病態生理部門は、骨や筋を中心とした運動器の制御機構の解明と疾患への応用研究に取り組んでいます。特に、骨格筋内に異所性の骨組織が形成される進行性骨化性線維異形成症(FOP)と呼ばれる指定難病は、重要な研究テーマです。今回、AMED CiCLE事業「進行性骨化性線維異形成症(FOP)の革新的治療薬の創出」による産学官連携の共同研究開始に伴い、私達と一緒にFOPの克服と運動器研究を目指す仲間を募集します。
1) http://www.saitama-med.ac.jp/genome/Div04_PPhysiol/index.html
2) http://www.saitama-med.ac.jp/medlinks/saitama_univ_fop/index.html
3) http://fop.umin.jp/fop.html

【仕事内容】
運動器に関する培養細胞、およびマウスを用いた細胞生物学、分子生物学、生化学、組織学的解析

【応募資格】
博士号取得者、または平成29年3月末までに博士号取得見込みの方。

【着任時期】
2018年4月1日以降を希望, 相談に応じます(最長任期3年)。

【待遇】
埼玉医科大学の規定に基づく年俸契約。
月額 259,500円(交通費含む、賞与なし)、私学共済保険加入

【応募方法】
下記の書類一式を、片桐宛にE-mailでお送り下さい。
(1)履歴書(写真添付)
(2)病態生理部門での研究に向けた自己PR(A4用紙1-2枚)
(3)研究業績一覧(論文リスト)
(4)推薦書を頂ける方2名の連絡先
書類を送付いただいてから、3日以内に受領メールをお送りし、1カ月以内に採否をメールにてご連絡させていただきます。採用候補の方には、別に面接をお願いいたします。なお、原則として応募書類は返却いたしません。

【応募締め切り】
採用者を決定次第、募集を締め切ります。

【勤務地および問い合わせ先】
埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 病態生理部門
〒350-1241 埼玉県日高市山根1397-1

部門長・教授  片桐 岳信 
E-mail: katagiri@saitama-med.ac.jp
Tel: 042-984-0443


≪信州大学医学部運動機能学教室(整形外科)より博士研究員(ポスドク)公募求人のお知らせ≫


信州大学医学部運動機能学教室(整形外科)

募集:博士研究員(ポスドク) 一名

骨系統疾患の原因遺伝子同定とその機能解析、骨代謝調節メカニズムの解明と関連疾患の克服を目指した研究を行っています。特に関節リウマチの病態解明、治療応用を志す意欲のある研究員を募集します。
細胞培養、生化学的解析、ゼブラフィッシュやマウスの取り扱い等基本的な実験スキルをお持ちの方。 主体性の高い方。骨代謝研究の経験があればなお可(必須ではありません)。

応募期間:現在~平成30年2月28日
採用時期:平成29年4月1日~1年間:更新可能
採用時期は相談可能(平成28年12月からの勤務も可能)
問い合わせ先:下記のメールへお願い致します。

下記のメールへ履歴書をお送り下さい。
〒390-8621 松本市旭3-1-1
信州大学医学部附属病院 整形外科 講師
TEL:0263-37-3473
E-mail:yxn14@aol.jp

※迷惑メール防止のため@は全角で表示していますので、メールの際は半角に直してください。
担当教員:中村 幸男